年に1〜2回日曜日の昼間に行うコンサートについてお知らせします。


by group-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:鍋島佳緒里 ( 3 ) タグの人気記事

 2009年4月26日(日)新横浜のスペースオルタにて14:30から100人以上のお客様にお聴き頂く事が出来ました。
 前日の暴風雨から一転して気持ちのよいお天気でホッとしました。
 タイトルを〜魂の歌〜と付けたのですが、まさに藤井多恵子さんの魂の叫びがそのまま歌になって、聴く人の心に響いたコンサートになりました。

 プログラムです
 第1部
 (1)祈り
     ピエ イエス〜レクイエム〜より    作詞 ミサ経典より
                         作曲 A.L.Webber
     すべては神の御手に          黒人霊歌
     アメイジンググレース         作詞 J.Newton
                        作曲 トラディショナル
 (2)介護する人、される人への歌
    ミュージカル〜Taking My Ture~     作詞 W.Holt 作曲 W.Friedman
「まだ終わりじゃない」「お元気ですか」「わたしは年じゃない」
    一人じゃないから            作詞 藤井多恵子
                        作曲 鍋島佳緒里

 第2部
  ピアノソロ  前奏曲         作曲 N.G.Kaoustin
       〜インビューコーナー〜
  ミュージカル名曲集
    サマータイム(ポギーとベス)   作詞 D.Heyward 作曲 G.Gershuin
    虹の彼方へ(オズの魔法使い)   作詞 E.Y.Heyward 作曲 H.Arlen
    もし愛しているなら(回転木馬)  作詞 O.Hammerstein 作曲 R.Rodgers
    ピープル(ファニーガール)    作詞 B.Merrill 作曲 J.Styne
ピアノソロ  アイガットリズム 
        (クレイジーフォー・ユー)   作曲 G.Gershuin
    シャンペンの出番(ジジ)     作詞 A.J.Lerner 作曲 F.Loewe
    もう一度合う前に(キャメロット) 作詞 A.J.Lerne 作曲 F.Loewe
    踊り明かしたい(マイフェアレディー)作詞 A.J.Lerner  作曲 F.Loewe

 アンコール  よかった
この他に更にアンコールで「4曲の童謡を歌います」とおっしゃって、ワンフレーズづつ「夕焼け小焼け」「もしもし亀よ」「海は広いな」「しょうじょう寺のたぬき林」4曲続けてお歌いになると言う茶目っ気たっぷりに終わって下さいました。

 客席はすべて階段状になっていて、とても見やすく聴きやすい客席です。用意したパンフレットはすべて無くなりました!
b0116159_1481341.jpg


 第1部の藤井&鍋島両氏。グレーと黒のフェミニンなスカートのシックな装いでした。
b0116159_14113411.jpg

    クリスチャンの藤井さんはコンサートはいつも「ピエイエス」で始められるそうです。
b0116159_14174222.jpg


 オフブロードウェーで力のあるシニアの俳優さん達で上演され評判を呼んだミュージカル「Taking My Turn」から3曲歌って頂きましたが、表情が百面相の様!
b0116159_1420227.jpg
b0116159_14203871.jpg
b0116159_14205757.jpg
b0116159_14212173.jpg
b0116159_14213729.jpg
b0116159_14215625.jpg

途中で曲の解説の時はマイクを使って楽しいお話し振りでした。
b0116159_14472493.jpg

 第2部は最初に鍋島佳緒里さんのロシアの作曲家、カプースチンの前奏曲のソロ演奏から始まりました。
b0116159_14444664.jpg

 そして「みんなで気軽にコンサート」名物「インタビュー」
b0116159_14454263.jpg

今回は声楽家は体が楽器なので、体調管理の為にどのような事を気をつけていらっしゃるかを、あずお聞きしました。
「何もしてないわ!夜更かしはするし、何でも食べちゃうし。でも風邪だけはひかないように気をつけるわ。」
冬寝る時はのノドに巻いて寝るし、電車で隣の人が咳をしたらすぐに立って移動するって、おっしゃっていました。
また何故留学先がアメリカだったのか、それはお父様の影響とか。
アメリカではイエローだが為に差別は受けなかったかとかお聞きしました。
東洋人の役が必要な時には重宝がられたけれど、東洋人ではなくてもいい役が貰えた時はうれしかったと。
 鍋島佳緒里さんソロ演奏と歌伴、また器楽伴奏の違い等をお聞きしました。
歌の方はその時の体調により簡単に「半音上げて、とか下げて」とか簡単におっしゃるので伴奏譜もその方により変わるので、これは世界にひとつの楽譜とか。
 また最近ベヒシュタインのアップライトピアノをお買い求めになりとても気に入っていらっしゃるとの事などお聞きしました。
b0116159_14463061.jpg


 そしてミュージカルナンバーを歌って頂きました。
ピンクのドレスに羽のストール。舞台がパット明るくなりました

b0116159_14502222.jpg
b0116159_14485861.jpg
b0116159_14504979.jpg
b0116159_1451648.jpg

鍋島さんは声楽も勉強もされた作曲家。
伴奏なさる時は、ご自分も一緒に歌っていらっしゃるのではないか、と思う時があります。
b0116159_14512240.jpg


アンコールの「よかった」は必ず最後に歌われる曲。
「怒らなくて良かった、悪口を言わないでよかった」と介護をしているとついつい言ってしまいそうな言葉を言わずに送る事が出来てよかった、というシミジミした歌でした。
b0116159_14531147.jpg


 お母さんと一緒に来てくれた中学生の女の子が「あんなおばあちゃんになりたい」って言ったそうです。
 そう、わたしたちもあんな風に年を重ねられたらいいな、と思いお招きしたので、うれしいことばです。
ステージの2人と客席の皆さんとが一緒になって素敵なコンサートが出来上がったような気がします。


ピアノはあまり状況がよくないだろうという予想の元に調律の時間を多めに取っておいたのですが、想定外の状況でグループKの見通しの甘さで鍋島さんには多大なこ迷惑をおかけ致しました事をこの場でもお詫び申し上げます。
グループKにとってもとても勉強になったコンサートでした。
次回は11/1。よりよいコンサート目指し、考えますので、お楽しみにお待ちください。
[PR]
by group-k | 2009-04-27 15:05 | 2009年のコンサート
b0116159_13192654.jpg

ご興味おありの方はご連絡ください。
今回は客席数100のこじんまりとしたホールになりました。
ですので子供料金は設けておりませんのでご了承ください。
なお。山季布枝さんのコンサートの企画は進んでおりますが、ホールがまだ決定しておりません。
こちらはいつも通りに中学生以下、未就学児料金の設定がございます。
[PR]
by group-k | 2009-02-27 13:20 | 2009年のコンサート
 2005年5月8日(日)13:30開演。
会場は横浜馬車道関内ホール小ホールで行いました。
この会も出演者の都合でこの日しかだめという事で、場所取りは賭けでしたが、見事一番条件の良いホールを取る事が出来ましたが、客席数が多いので動員という点で苦労しました。
しかし、200名近い方々にお越しいただく事が出来て万々歳でした。
 この回は鍋島さんが広告を取ってきて下さり、経費面でずいぶんと助けられ、以後出演者への謝礼の確保の為に広告を取りチラシの裏に載せるようになりました。
協賛:ギャガ・コミュニケーションズ
制作極力:(有)アイ・コーポレーション

 鍋島さんはアレンジの他に、子供の為のピアノ曲、童謡、歌曲等も書かれますが、中心は現代音楽の作曲。
 今回の内容は1部はなじみやすくピアノ曲、子供の為の歌、歌曲、アレンジ作品中心のプログラム、後半は現代音楽中心のプログラムとなりました。
現代音楽初体験の方も多数いらしたようでした。

b0116159_20552818.jpg

 第1部ピアノソロで「チャイニーコンドル45」と「おやすみまた明日」の2曲からスタート。
b0116159_2103588.jpg

ソロの後ご挨拶。
「ハンティング〜子ねこの日記より〜」「希望の星」は作編曲の弟子でもあるマリンバ・本間麻実と共演。

 高橋育郎作詞「ゆきのうさぎ」宮中雲子作詞「黄色いさざ波」鍋島編曲の「グリーンスリーブス」とテノール・青木純の歌が続きました。
途中青木さんと鍋島さんの童謡を作曲する時の話し等をはさみ次の歌へと続きました。
b0116159_2202940.jpg
 b0116159_2154798.jpg高田ひろお作詞、本多リキ作曲の「むしばのおさんぽ」「はるのやなぎ」「うなぎのパンツ」「キリンは美人」と続きました。本多リキは鍋島さんのもうひとつのペンネーム。いわゆる童謡やポピューラー系の曲の時にはこちらの名前をお使いになるそうです。
「むしばのおさんぽ」を熱演する青木純。青木さんは動いて体でも顔でも表現する方です。

b0116159_2134374.jpg

1部の最後は谷川俊太郎作詞、鍋島佳緒里作曲の現代音楽歌曲「じゃあね」
第2部、現代音楽の世界への助走です。
青木さん唯一の現代曲のレパートリーだとおっしゃっていました。



 休憩中には今回の為に書き下ろした「ソロ・ダンス」の楽譜も見て頂けるように展示しておきました。

第2部はアレンジャーとしての鍋島さんを聞いて頂く為に鍋島さんのピアノと田中靖人さんのアルトサックスとの共演で「トロイメライ」をお聴き頂きました。
b0116159_21414531.jpg

田中靖人さんは佼正ウインドオーケストラ、サックスカルテットートランベールーのメンバーでもあり日本で著名なサックス奏者。鍋島さんとの交友関係でご出演して頂く事が出来ました。

 ここで恒例インタビュー。サックスは運指がリコーダーと一緒でソプラノ、アルト。テナー、バリトン全部同じとか、マリンバのマレットの事とか組み立ての事とか
作曲の事等お聞きしました。
b0116159_21493486.jpg
マリンバ組み立て風景です。
b0116159_2150436.jpg

 b0116159_215498.jpgそして田中さんの為に書き下ろしたアルトサックスの為の「ソロ・ダンス」。
田中さんは足首に鈴を巻き、足でリズムを打ちながら演奏すると言う大変な作業。
さらに拍子がコロコロ変わると言う難解な曲で、自分のものにするのに大変御苦労されたようでした。



その後全部で14話からなる、構成・脚本・作曲鍋島佳緒里、語り組曲「空蝉〜源氏物語より〜」が上演されました。
b0116159_21575411.jpg

語る鍋島さん
b0116159_2232126.jpg

ソプラノ・アルトサックス田中靖人、マリンバ・パーカッション本間麻実。
b0116159_2241268.jpg
b0116159_2263316.jpgb0116159_2264926.jpg
現代音楽初体験の方達がほとんどで、途中で寝てしまった方もいらしたとか・・・。

 さてアンコールは音大には声楽で入学し、作曲科に入り直したと言う鍋島さんは当然歌もお上手。
ということでアンコールはサックスとマリンバの伴奏による「シャル・ウイ・ダンス」。アレンジはもちろん鍋島さん。
 まずは鍋島さんソロで登場。
b0116159_2221202.jpg
その後青木さんと振り付けがついてのデュエット。
b0116159_22122578.jpg

最後は華やかに楽しく終わりました。
ちょうどハリウッド版「シャル・ウイ・ダンス」公開前だったのでグットタイミングの選曲でした。
広告も頂いた事だし。

今回は会場が大きかった事も有りスタッフの数が格段に増えました。
いつも手伝ってくれる人が居るという事はありがたい事です。
b0116159_22165033.jpg

[PR]
by group-k | 2007-08-26 22:24 | 2005年のコンサート