年に1〜2回日曜日の昼間に行うコンサートについてお知らせします。


by group-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 2002年11月23日(土・祝)にギターの柴田杏里さんを迎え横浜幸浦、長浜ホールで行いました。
 このホールは昔の横浜税関の検疫所の洋館を移築した物でとても素敵な建物です。ホールも100人程入る響きの良いホールです。が足の便が悪く横浜シーサイドライン「幸浦」京急「能見台」どちらからも15分は歩かなければいけないという場所なので心配しましたが、満員御礼。ほっとしました。

 柴田杏里さんは友人の紹介で知り合いました。
世間的には有名ではありませんが世界的ギタリストです。18歳でスペインに渡りマドリッド王立音楽院を首席で卒業され、その後10年滞在され、第4回マヌエル・パラウギターコンクール第1位、、第12回ターレガ国際ギターコンクール第1位など日本人として初めて国際コンクールに優勝され日本人ギタリストの先鞭を付けられた方です。
ギター界では有名でも世間にでてこない?それは杏里さんが依頼されればするよ、程度で積極的に売り込み等なさらない方だから。
できればひとりで好きな曲を一日中弾いていたいという方だから。

当日はその少し前に出されたCDから「魔笛」の主題による変奏曲、火祭りの踊り、等のクラシックの曲にくわえ、一人ベンチャーズとも言うべきダイヤモンドヘッドなど。
1曲づつ解説をして下さりながら演奏して下さいました。
 
 この時から第2部の最初に質問コーナーが設けられました。
この時は杏里さんが使っていらっしゃるギターに付いて伺いました。値段とかヴァイオリンのように値が上がる物なのか等。

 初めて生のギター演奏を体験された方も多く、色々なギターの奏法にもびっくりした1時間半でした。
b0116159_16155737.jpg

[PR]
# by group-k | 2007-08-11 16:17 | 2002年のコンサート
 今年は若手パーカッショングループ「輪〜Rin〜」を迎えて行いました。
輪のメンバーの都合で夏ならこの日ということだったので、1月に横浜開港記念開館の抽選に勝ち見事7/8を取る事が出来ました。
 チラシの原稿作り、協賛各店の広告原稿依頼など3月下旬から動き出し、5月上旬にはチラシ完成。配布開始。いつ頃DMをお出しするのが効果的か等考えながらチケット販売にあたりました。おかげさまで当日になってみれば、目標数を売り上げていました。

 ではリハーサルの模様、当日の模様をご覧下さい。

 まず、リハーサルをしている部屋に入ってまず目についたのがマレットの束!この中から曲によりホールの響き方によりマレットを選んで使って行くのです。
b0116159_2222156.jpg

 マリンバは2台使用するのですが、1台は5オクターブあるもの。一番低い音を出す方はこんなに幅があります。
b0116159_22232819.jpg

パーカッション色々左からカウベル・ウッドブロック・ビブラスラップなど。
b0116159_22242056.jpg
タンバリン
b0116159_22251944.jpg
打楽器の為の曲「Trio per uno」用セッティング
b0116159_22263447.jpg


 そして当日。
b0116159_22334498.jpg

オープニングは「Fanfare For Tambourines」。
6人がタンバリンの他に大太鼓、タム、スネアなどを担当し、パーカッションだけでにぎやかで華やかに始まりました。
 2曲目はピアソラのタンゴ組曲より「I.Deciso」
 3曲目はアニーローリー・グリーンスリーブス・ロンドンデリーエアーのメドレー。しっとりと下演奏にみんなうっとり。特にシニアの方達に喜ばれました。
b0116159_22361790.jpg

 4曲目。1台のマリンバを3人で弾く「AFtaSTuBa!」3人が場所を変わりながら、いろんな所も叩き、マレットの枝の部分で叩いたりもしてとても興味深い曲でした。
b0116159_2240497.jpgb0116159_22401833.jpgb0116159_22403137.jpgb0116159_22404637.jpgb0116159_22405973.jpgb0116159_224113100.jpgb0116159_22412617.jpgb0116159_22413912.jpg

第2部はストンプで始まりました。手足、体のいろんな所でいろんなリズムを叩きアンサンブルするものです。
b0116159_2243401.jpg

 そしてみんなで気軽にコンサート恒例の質問コーナー。
今回はマレットが違うと音色がどのように違うかと小さな打楽器の名前をご披露しました。b0116159_22451893.jpgb0116159_22453332.jpg
その後お客様の中からご希望の方にマリンバを叩いてみて頂きました。初めは9人しか手が挙がらなかったのですが、ちょっと数が半端だったので、やってみたい人、と再度聞いた所たくさんの子供たちが参加。ちょっと困りましたが楽しそうで良かった!b0116159_22481420.jpgb0116159_22483045.jpgb0116159_22484783.jpgb0116159_224945.jpg
2曲目の「ねこふんじゃった」はお客様もリズムを叩いて参加。最後に「ニャー」と一声!b0116159_2250316.jpgb0116159_22504670.jpgb0116159_2251220.jpgb0116159_22512111.jpg
3曲目ルロイアンダーソンメドレー「プリンク・プランク・プルンク」「シンコペーテッド・クロック」
「ワルツィンク・キャット」トライアングル、ウッドブロックなども参加。
b0116159_22543027.jpg
b0116159_22545042.jpg

そして「亡き王女の為のパヴァーヌ」
b0116159_22564456.jpg

最後にリハーサル風景でお見せしたセッティングを使った「Trio per uno」迫力満点の面白い曲でした。
b0116159_22591980.jpg

アンコールもありました。会場の雰囲気とともにご覧下さい。昔懐かしい講堂です。
b0116159_230214.jpg

そして企画制作のグループKと出演者とスタッフ一同です。
b0116159_2322669.jpg

来年も出演者は決まっていますが時期は未定。でもお楽しみに!
これからは1回目からのご紹介をして行きますね。
[PR]
# by group-k | 2007-07-22 23:03 | 2007年のコンサート
 グループKは音楽を教える二人が生徒達に生の音楽を、いろんな楽器の音楽を聴いてほしいと思い、その為のコンサートを企画・制作する為に作ったグループです。

  コンサートの多くは夜に行われます。セッティングやリハーサルの関係で朝から仕込んでも夜にならないと出来ないという事情もありますが、子供達は夜は塾や部活で出掛けられないし、帰りが遅くなるのもよくない。
 また、コンサートは値段が高い。親子ではなかなか行きにくい。という事もあります。では無料でやれば?といってもスポンサーはいないし、ただで演奏して下さる方は居る訳がないし。
でもなるべく安く良い音楽を提供したいと思いました。
 たまたま、プロの演奏家と知り合い、その輪が広がり、私達の考えに賛同して下さる方達が出演して下さる事で2002年から「みんなで気軽にコンサート」が始まりました。

 今年(2007年)はつい先日7月8日に行われました。
追々ご紹介して行きたいと思っています。
 まずはご挨拶から。
[PR]
# by group-k | 2007-07-14 22:29 | グループK