年に1〜2回日曜日の昼間に行うコンサートについてお知らせします。


by group-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 2005年5月8日(日)13:30開演。
会場は横浜馬車道関内ホール小ホールで行いました。
この会も出演者の都合でこの日しかだめという事で、場所取りは賭けでしたが、見事一番条件の良いホールを取る事が出来ましたが、客席数が多いので動員という点で苦労しました。
しかし、200名近い方々にお越しいただく事が出来て万々歳でした。
 この回は鍋島さんが広告を取ってきて下さり、経費面でずいぶんと助けられ、以後出演者への謝礼の確保の為に広告を取りチラシの裏に載せるようになりました。
協賛:ギャガ・コミュニケーションズ
制作極力:(有)アイ・コーポレーション

 鍋島さんはアレンジの他に、子供の為のピアノ曲、童謡、歌曲等も書かれますが、中心は現代音楽の作曲。
 今回の内容は1部はなじみやすくピアノ曲、子供の為の歌、歌曲、アレンジ作品中心のプログラム、後半は現代音楽中心のプログラムとなりました。
現代音楽初体験の方も多数いらしたようでした。

b0116159_20552818.jpg

 第1部ピアノソロで「チャイニーコンドル45」と「おやすみまた明日」の2曲からスタート。
b0116159_2103588.jpg

ソロの後ご挨拶。
「ハンティング〜子ねこの日記より〜」「希望の星」は作編曲の弟子でもあるマリンバ・本間麻実と共演。

 高橋育郎作詞「ゆきのうさぎ」宮中雲子作詞「黄色いさざ波」鍋島編曲の「グリーンスリーブス」とテノール・青木純の歌が続きました。
途中青木さんと鍋島さんの童謡を作曲する時の話し等をはさみ次の歌へと続きました。
b0116159_2202940.jpg
 b0116159_2154798.jpg高田ひろお作詞、本多リキ作曲の「むしばのおさんぽ」「はるのやなぎ」「うなぎのパンツ」「キリンは美人」と続きました。本多リキは鍋島さんのもうひとつのペンネーム。いわゆる童謡やポピューラー系の曲の時にはこちらの名前をお使いになるそうです。
「むしばのおさんぽ」を熱演する青木純。青木さんは動いて体でも顔でも表現する方です。

b0116159_2134374.jpg

1部の最後は谷川俊太郎作詞、鍋島佳緒里作曲の現代音楽歌曲「じゃあね」
第2部、現代音楽の世界への助走です。
青木さん唯一の現代曲のレパートリーだとおっしゃっていました。



 休憩中には今回の為に書き下ろした「ソロ・ダンス」の楽譜も見て頂けるように展示しておきました。

第2部はアレンジャーとしての鍋島さんを聞いて頂く為に鍋島さんのピアノと田中靖人さんのアルトサックスとの共演で「トロイメライ」をお聴き頂きました。
b0116159_21414531.jpg

田中靖人さんは佼正ウインドオーケストラ、サックスカルテットートランベールーのメンバーでもあり日本で著名なサックス奏者。鍋島さんとの交友関係でご出演して頂く事が出来ました。

 ここで恒例インタビュー。サックスは運指がリコーダーと一緒でソプラノ、アルト。テナー、バリトン全部同じとか、マリンバのマレットの事とか組み立ての事とか
作曲の事等お聞きしました。
b0116159_21493486.jpg
マリンバ組み立て風景です。
b0116159_2150436.jpg

 b0116159_215498.jpgそして田中さんの為に書き下ろしたアルトサックスの為の「ソロ・ダンス」。
田中さんは足首に鈴を巻き、足でリズムを打ちながら演奏すると言う大変な作業。
さらに拍子がコロコロ変わると言う難解な曲で、自分のものにするのに大変御苦労されたようでした。



その後全部で14話からなる、構成・脚本・作曲鍋島佳緒里、語り組曲「空蝉〜源氏物語より〜」が上演されました。
b0116159_21575411.jpg

語る鍋島さん
b0116159_2232126.jpg

ソプラノ・アルトサックス田中靖人、マリンバ・パーカッション本間麻実。
b0116159_2241268.jpg
b0116159_2263316.jpgb0116159_2264926.jpg
現代音楽初体験の方達がほとんどで、途中で寝てしまった方もいらしたとか・・・。

 さてアンコールは音大には声楽で入学し、作曲科に入り直したと言う鍋島さんは当然歌もお上手。
ということでアンコールはサックスとマリンバの伴奏による「シャル・ウイ・ダンス」。アレンジはもちろん鍋島さん。
 まずは鍋島さんソロで登場。
b0116159_2221202.jpg
その後青木さんと振り付けがついてのデュエット。
b0116159_22122578.jpg

最後は華やかに楽しく終わりました。
ちょうどハリウッド版「シャル・ウイ・ダンス」公開前だったのでグットタイミングの選曲でした。
広告も頂いた事だし。

今回は会場が大きかった事も有りスタッフの数が格段に増えました。
いつも手伝ってくれる人が居るという事はありがたい事です。
b0116159_22165033.jpg

[PR]
by group-k | 2007-08-26 22:24 | 2005年のコンサート
 2004年9月5日(日)14:30開演16:00終演。この年も横浜山下公園前人形の家「あかいくつ劇場」で行いました。
 作曲家安藤由布樹さんは青木さんを通じて知り合い、前年にエレクトーンの為の曲を委嘱され作曲されていたので、それを皆様に聴いて頂きたくてお招きしました。
 アンドリューは安藤さんのニックネームです。
 安藤さん自身、ピアニストでもあるので、ピアノソロあり歌曲ありの多彩な内容となりました。安藤さんの書かれる曲は、ロマン派風などいわゆるクラシック系の曲が多く、バレエ音楽、オペラ、舞台音楽、合唱曲など幅広いジャンルの曲を手掛けられます。
 
 第1部は「桜の園幻想曲」「リリーマルレーン幻想曲」それから子供の為にかかれた曲「ママのノクターン」「なないろのロンド」をソロでお弾き頂きました。
b0116159_2253257.jpg

たってのご希望でダンスが付いた曲も。
b0116159_2265770.jpg

 第2部はエレクトーンが大活躍。
まずはソロで「ロマンティックバレエ組曲」より4曲今井純子と飯田友子が2曲づつ演奏しました。事前に安藤さんにご指導頂いてステージに臨みました。スピーカーの向きによりこの置き方しか出来ず顔は見えない形になってしまいます。
b0116159_22162032.jpg

演奏後エレクトーン付いて話しをしている所。
b0116159_2217589.jpg


そして次は歌曲2曲をエレクトーンの伴奏で青木純が歌いました。伴奏は松島和子。
1曲目は「ウイーンへの誘い」。この曲は歌と歌の間にウイーンにちなんだ曲が挟み込まれています。それが何曲かを当てるのがクイズになり歌が始まりました。という事は長い曲。エレクトーンでは異例の譜めくりが付きました。
b0116159_22212357.jpg

客席の正解者を捜す青木純さん。
b0116159_22222889.jpg

安藤由布樹さん
b0116159_22235167.jpg

その後もう1曲「心はいつもイタリア」が歌われました。
最後は松島のエレクトーンと安藤さんのピアノに踊りが付いた「岩見神楽」。和太鼓や鼓の音もエレクトーンから出して賑やかな曲でした。
b0116159_22252576.jpg

アンコールは出演者全員で「うたいたい」を安藤のピアノ松島のエレクトーンで盛り上がりました。
あかいくつ劇場いっぱいのお客様にエレクトーンを堪能して頂きとてもうれしかったです。

スタッフ&キャスト一同です。b0116159_22274124.jpgb0116159_22275865.jpg
出演者も多かったですが、裏方さんもたくさんいないと公演は出来ません。受付、楽器の移動、場内案内、など様々です。いつも感謝です。
[PR]
by group-k | 2007-08-13 22:33 | 2004年のコンサート
 2003年9月13日(土)会場は横浜山下公園前の人形の家のなかの「あかいくつ劇場」に場所を移して行いました。14:30開演16:00終演。

 Milky Wayは青木純、石鍋多加史、鍋島佳緒里の三人のユニット。ある方のリサイタルに客演し意気投合して三人でユニットを結成。「歌はうまくて当たり前。楽しくなくちゃ!」というキャッチフレーズで楽しい音楽の世界を繰り広げてくれました。
 コンサートでは楽しかったら笑ってもいいのよ、と思って頂きたくてこの三人を招きました。
 作曲家の鍋島佳緒里さんは、このコンサートの為にテーマソングを作詞作曲してくれました。
第1部はまずはデュエットで「花咲か爺さん」いいおじいさんと悪いおじいさんに扮して演じながら歌ってくれました。
b0116159_18594185.jpg

ソロはまず石鍋さんの「エンドウ家は豆一族」という新しい歌を。
そうそう石鍋さんは俳優さんでもあるのです。いまauのコマシャルで中田喜子と共演していらっしゃいます。
b0116159_1932932.jpg

そして青木さんの「もうすぐもやし」陽に当たらないように箱入り娘で育てられていますという女性が歌う歌。それを上手く演じながらお客様の笑いを引き出していました。
b0116159_1955159.jpg


第2部の初めはまたまたインタビューコーナー。
b0116159_19724.jpg


鍋島さんは声楽科から作曲家へ転向された方。このユニットではいつも歌も歌っていました。
今回は青木さんのギター伴奏で。「涙そうそう」を歌いました。
b0116159_20575457.jpg


 そのあと、作曲家三木稔先生の作品で芸術祭選奨にえらばれたこともあるミュージカルオペラの「うたよみざる」から一部をやって下さいました。お客様の中からあらかじめ頼んであった生徒数人が草の役をしてくれました。座って揺れて刈り取られてという役でした。
木に見立てている物は自宅の脚立にそれらしい布をかけて作りました。小道具も作ったりして!
b0116159_1913240.jpg


 こうして会場を沸かせ、時にはしんみりさせてくれたMilky Wayのコンサートは終わりました。
b0116159_20553211.jpg

残念な事にそれぞれが忙しくこのユニットはこの後1回公演しただけで解散状態です。
[PR]
by group-k | 2007-08-11 20:58 | 2003年のコンサート
 2002年11月23日(土・祝)にギターの柴田杏里さんを迎え横浜幸浦、長浜ホールで行いました。
 このホールは昔の横浜税関の検疫所の洋館を移築した物でとても素敵な建物です。ホールも100人程入る響きの良いホールです。が足の便が悪く横浜シーサイドライン「幸浦」京急「能見台」どちらからも15分は歩かなければいけないという場所なので心配しましたが、満員御礼。ほっとしました。

 柴田杏里さんは友人の紹介で知り合いました。
世間的には有名ではありませんが世界的ギタリストです。18歳でスペインに渡りマドリッド王立音楽院を首席で卒業され、その後10年滞在され、第4回マヌエル・パラウギターコンクール第1位、、第12回ターレガ国際ギターコンクール第1位など日本人として初めて国際コンクールに優勝され日本人ギタリストの先鞭を付けられた方です。
ギター界では有名でも世間にでてこない?それは杏里さんが依頼されればするよ、程度で積極的に売り込み等なさらない方だから。
できればひとりで好きな曲を一日中弾いていたいという方だから。

当日はその少し前に出されたCDから「魔笛」の主題による変奏曲、火祭りの踊り、等のクラシックの曲にくわえ、一人ベンチャーズとも言うべきダイヤモンドヘッドなど。
1曲づつ解説をして下さりながら演奏して下さいました。
 
 この時から第2部の最初に質問コーナーが設けられました。
この時は杏里さんが使っていらっしゃるギターに付いて伺いました。値段とかヴァイオリンのように値が上がる物なのか等。

 初めて生のギター演奏を体験された方も多く、色々なギターの奏法にもびっくりした1時間半でした。
b0116159_16155737.jpg

[PR]
by group-k | 2007-08-11 16:17 | 2002年のコンサート