年に1〜2回日曜日の昼間に行うコンサートについてお知らせします。


by group-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

Vol.3安藤由布樹作品展〜アンドリューの宝石箱〜

 2004年9月5日(日)14:30開演16:00終演。この年も横浜山下公園前人形の家「あかいくつ劇場」で行いました。
 作曲家安藤由布樹さんは青木さんを通じて知り合い、前年にエレクトーンの為の曲を委嘱され作曲されていたので、それを皆様に聴いて頂きたくてお招きしました。
 アンドリューは安藤さんのニックネームです。
 安藤さん自身、ピアニストでもあるので、ピアノソロあり歌曲ありの多彩な内容となりました。安藤さんの書かれる曲は、ロマン派風などいわゆるクラシック系の曲が多く、バレエ音楽、オペラ、舞台音楽、合唱曲など幅広いジャンルの曲を手掛けられます。
 
 第1部は「桜の園幻想曲」「リリーマルレーン幻想曲」それから子供の為にかかれた曲「ママのノクターン」「なないろのロンド」をソロでお弾き頂きました。
b0116159_2253257.jpg

たってのご希望でダンスが付いた曲も。
b0116159_2265770.jpg

 第2部はエレクトーンが大活躍。
まずはソロで「ロマンティックバレエ組曲」より4曲今井純子と飯田友子が2曲づつ演奏しました。事前に安藤さんにご指導頂いてステージに臨みました。スピーカーの向きによりこの置き方しか出来ず顔は見えない形になってしまいます。
b0116159_22162032.jpg

演奏後エレクトーン付いて話しをしている所。
b0116159_2217589.jpg


そして次は歌曲2曲をエレクトーンの伴奏で青木純が歌いました。伴奏は松島和子。
1曲目は「ウイーンへの誘い」。この曲は歌と歌の間にウイーンにちなんだ曲が挟み込まれています。それが何曲かを当てるのがクイズになり歌が始まりました。という事は長い曲。エレクトーンでは異例の譜めくりが付きました。
b0116159_22212357.jpg

客席の正解者を捜す青木純さん。
b0116159_22222889.jpg

安藤由布樹さん
b0116159_22235167.jpg

その後もう1曲「心はいつもイタリア」が歌われました。
最後は松島のエレクトーンと安藤さんのピアノに踊りが付いた「岩見神楽」。和太鼓や鼓の音もエレクトーンから出して賑やかな曲でした。
b0116159_22252576.jpg

アンコールは出演者全員で「うたいたい」を安藤のピアノ松島のエレクトーンで盛り上がりました。
あかいくつ劇場いっぱいのお客様にエレクトーンを堪能して頂きとてもうれしかったです。

スタッフ&キャスト一同です。b0116159_22274124.jpgb0116159_22275865.jpg
出演者も多かったですが、裏方さんもたくさんいないと公演は出来ません。受付、楽器の移動、場内案内、など様々です。いつも感謝です。
[PR]
by group-k | 2007-08-13 22:33 | 2004年のコンサート